快適でオシャレな本棚のおすすめ11選。収納で垢抜ける部屋作り

収納もインテリアも諦めたくない本棚選び

本好きさんや子どものいる暮らしに欠かせない本棚。どんどん本は増えるのに、収納に困った...とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、リビングや子ども部屋におすすめの本棚・絵本棚をまとめてご紹介!機能的にもインテリア的にも諦めたくないあなたにおすすめのアイテムをご紹介します。

今の暮らしにぴったりの本棚を選んで、本のある暮らしを充実させちゃいましょう♪

本棚・絵本棚の選び方

スッキリとオシャレに収納させるために、まずは本棚・絵本棚を選ぶときのポイントをチェックしてみましょう。

1. 本棚・絵本棚を置く部屋を決めよう

設置する部屋によって、デザインや用途が変わってくるので、まずは設置する部屋を決めるといいでしょう。

リビングでは、他の家具との相性をみて、部屋に一体感がでるような色を選んだり、扉付きのタイプを視野にいれてみてください。

子ども部屋に設置する場合は、おもちゃや学習品などが一緒に収納できるタイプがおすすめです。お片付けの習慣がつくと、お部屋がいつもスッキリ!パパ・ママも嬉しくなりますね。

2. サイズ・材質・デザインをチェック

本棚の種類は、小さなオープンラックからスライド式本棚、壁面収納までざまざま。

部屋が決まったら、次は設置場所の確保が必要です。使い勝手のいいように、収納ボリュームをイメージして設置場所を計測。無駄なスペースがないように、サイズを選びましょう。

アレルギー体質だったり、小さな子供がいる場合は、ホルムアルデヒドの放射量がより低い材質を選んであげると安心です。

3. 年齢に合わせた本棚選びをしよう

乳幼児のために購入するなら、目線が低く表紙が見れるラックタイプがおすすめ。字が読めなくても、色や雰囲気、イラストですぐにお気に入りの絵本を見つけることが出来ます。

読んでもらいたい本を大人が見せる収納でピックアップ。自分だけの小さな図書館を作ってあげると、本好きの心を育んであげることが出来ますよ。

小学生以上になって、背表紙で読みたい本を選べるようになると、棚の位置をカスタマイズできる稼動棚タイプがおすすめ。図鑑や教科書、漫画など、大きさや種類の違う本をまとめて収納できるので便利です。

4. 搬入方法・組み立ての確認しよう

大型の本棚を購入するときにチェックしておきたいのが、搬入経路と組み立て方法です。

梱包サイズが搬入できるのが、一人で組み立てられるのか、あらかじめ確認しておくと「こんなはずじゃなかった...」という事態を防ぐことが出来ますよ。

快適でオシャレな本棚・絵本棚のおすすめ11選

くつろげる本棚

大型(ブックシェルフ180cm+ベンチ2人掛けセット)

コンパクト(ブックシェルフ110cm+1人掛けベンチ)

made in JAPAN!大理石柄シェルフ

お片付けしたくなる!絵本ラック

暮らしを彩る!回転式本棚

隙間を有効活用!収納ラック

カウンター下収納ラック

壁面収納ラック

卓上をコンパクトに整理整頓!ブックスタンド

人気の北欧テイスト!オープンラック

収納で魅了する!ディスプレイラック

国産本棚・セミオーダー「ブック すきまくん」

ガラス扉付き

オープンラック

優良コスパ!日本製壁面収納

本棚の耐震対策におすすめのアイテム

本の落下を防止!ガードテープ

本棚の転倒防止!耐震ジェルマット

隙間に合わせた耐震対策「耐震ポール」

読書タイムは、お気に入りの本棚と一緒に

今回は小さめのロータイプの本棚から、大容量のタイプまで豊富なラインナップでお届けしました。

お気に入りの本に、素敵な帰る場所が見つかりますように